保守市政継続か革新奪還か 豊見城市長選きょう投開票

右から、打ち上げ式で支持を訴える山川仁氏、宜保安孝氏、宜保晴毅氏

 任期満了に伴う豊見城市長選は14日投開票される。立候補しているのは、届け出順に、無所属新人で前市議の山川仁氏(44)=社民、共産、社大、自由、立民、国民民主推薦=、無所属新人で前市議の宜保安孝氏(41)=自民、維新、希望推薦=、無所属現職で3期目を目指す宜保晴毅氏(50)。選挙戦最終日の13日、各候補者は支持者を集めて打ち上げ式を開き、激戦を締めくくった。
 宜保安孝氏、宜保晴毅氏が保守系で、保守分裂選挙となった。革新リベラル系に支えられる玉城知事支持派の山川氏が市政を奪還するのか、保守市政が継続するのかが焦点。現在、県内11市のうち9市に保守系市長が在任しているが、山川氏が市政を奪還すれば、玉城知事支持派が市部で勢力を広げることになり、今後の県内政局にも影響が出そうだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  国の安全保障政策に対抗するため、県が国との法廷闘争に突入するという異常な事態が2代の県政にわたって…
  2.  石垣市は、災害時に障害者や高齢者などの「要援護者」が避難したり、平常時には子どもたちと交流する拠点…
  3.  太平洋戦争末期、西表島祖納沖で墜落した米軍機パイロットの遺骨収集に向け、マイケル・マカロニン氏=ニ…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  謝花喜一郎副知事は27日、宜野湾市の松川正則市長を訪れ、辺野古米軍基地建設のための埋め立てを問う2…
ページ上部へ戻る