保守市政継続か革新奪還か 豊見城市長選きょう投開票

右から、打ち上げ式で支持を訴える山川仁氏、宜保安孝氏、宜保晴毅氏

 任期満了に伴う豊見城市長選は14日投開票される。立候補しているのは、届け出順に、無所属新人で前市議の山川仁氏(44)=社民、共産、社大、自由、立民、国民民主推薦=、無所属新人で前市議の宜保安孝氏(41)=自民、維新、希望推薦=、無所属現職で3期目を目指す宜保晴毅氏(50)。選挙戦最終日の13日、各候補者は支持者を集めて打ち上げ式を開き、激戦を締めくくった。
 宜保安孝氏、宜保晴毅氏が保守系で、保守分裂選挙となった。革新リベラル系に支えられる玉城知事支持派の山川氏が市政を奪還するのか、保守市政が継続するのかが焦点。現在、県内11市のうち9市に保守系市長が在任しているが、山川氏が市政を奪還すれば、玉城知事支持派が市部で勢力を広げることになり、今後の県内政局にも影響が出そうだ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は、県民の離島へのモニターツアー費用を6割補助する事業「島あっちぃ」を実施する。離島の交流促進と…
ページ上部へ戻る