尖閣周辺の中国船交代 2日連続航行

 第11管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城)周辺の領海外側にある接続水域を航行していた中国海警局の船4隻は15日、接続水域に新たに入ってきた別の4隻と交代した。尖閣周辺で中国公船が航行するのは2日連続。

 新たに入った4隻は、機関砲のようなものを搭載した「海警35115」のほか「海警1305」「海警2306」「海警2307」。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国とイランが一触即発だ。米国が紛争の当事者になれば、米軍基地を抱える沖縄も無関係ではいられない。…
  2.  那覇市の波上宮を中心に開催される「なんみん祭」のお神輿(みこし)行列が19日行われ、参加者が波上宮…
  3.  竹富公民館(内盛正聖館長)はこのほど、春季島勢調査を実施し、その結果を公表した。竹富島では毎年春と…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設の賛否を問う県民投票に宜野湾市、糸満市が慎重姿勢を示した。石垣市も県へ…
ページ上部へ戻る