宮古から入植 開拓70周年 西表住吉、節目の年祝う

住吉地区の入植70周年記念祝賀会で乾杯する参加者=14日

 西表島住吉地区の入植70周年記念式典(主催・同実行委員会)が14日、同公民館で開かれた。島内外から約350人が参加。入植一世の14人に功労者として感謝状を贈呈し、節目の年を盛大に祝った。平良実行委員長は「文化芸能面でも近隣地域に肩を並べるまでになった。次の世代に継承し、さらなる発展を託したい」と期待した。
 平良実行委員長が式辞を述べたあと、大島佐喜子事務局長が70周年記念事業の経過報告を行った。西大舛高旬竹富町長らが来賓祝辞に立った。式典後は祝賀会が開かれ、住吉子ども会、婦人会、青年部などの余興が披露された。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。
ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町の西表島観光ガイド免許制度で、第1号の免許証が西表島大富のガイド業「うみあっちゃー」代表中川…
  2.  石垣市の星野自治公民館(平良雅樹館長)は20日、入植70周年記念事業の一環としてことし3月に建立し…
  3.  2020年度とぅばらーま大会作詞の部の審査発表が20日、石垣市民会館中ホールであり、最優秀賞に黒島…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  年間約50万人が訪れる人気観光地の竹富島で9月1日から、観光客は1人300円の入域料(入島料)の支…
ページ上部へ戻る