あすから種子取祭 奉納芸能は25、26日 竹富島

真剣な表情で練習に取り組む児童生徒=竹富小中学校

 国の重要無形民俗文化財に指定されている竹富島最大の祭事「種子取祭(タナドゥイ)」が10月19日から27日まで9日間の日程で執り行われる。クライマックスとなる世持御嶽での奉納芸能は25、26の両日。

 竹富島内各所では芸能を奉納するメンバーによる舞踊や狂言などの練習が本格化しており、緊張感もいよいよ高まってきた。このうち竹富小中学校では、男子児童生徒が昼休みの時間を利用して「庭の芸能」の太鼓の練習に励んでいた。地域の先輩から「だんだん早くなっている。もっとゆっくり」などと注意されながら、真剣な表情で取り組んだ。内盛正太郎さん(中3)は「竹富島での学校生活最後の種子取祭。気持ちを引き締めて頑張りたい」と意気込みを語った。(隅田賢通信員)

 種子取祭のスケジュールは次の通り。
▽19日=トゥルッキ
▽23日=祈願・幕舎張り
▽24日=ンガソージ
▽25日=奉納芸能初日
▽26日=奉納芸能二日目
▽27日=支払い議会

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会(平良秀之議長)は6月定例会初日の17日、石垣島平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画の是非…
  2.  〝沖縄の台所〟としてにぎわう那覇市の観光名所「第一牧志公設市場」が、老朽化に伴う建て替えで閉鎖にな…
  3.  石垣市議会は17日、尖閣諸島周辺海域で石垣市の漁船が中国公船に追尾されたことを巡り、玉城デニー知事…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  名護市民の我那覇真子氏ら県民有志は15日、米国人歴史学者のジェイソン・モーガン麗澤大学助教を沖縄に…
ページ上部へ戻る