幻の伝統酒復活へ 泡盛メーカー3社「イムゲー」製造

イムゲーの合同研究記者発表を行った(左から)㈱久米島の久米仙の島袋正也社長、請福酒造有限会社の漢那憲隆社長、㈱多良川の砂川拓也社長、沖縄工業センターの古堅勝也所長、同センターの豊川哲也主任研究員=17日、那覇市内のホテル

 泡盛製造を手掛ける請福酒造有限会社(石垣市、漢那憲隆社長)、株式会社多良川(宮古島市、砂川拓也社長)、株式会社久米島の久米仙(久米島町、島袋正也社長)と沖縄工業技術センター(古堅勝也所長)は17日、那覇市で合同記者会見を開き、沖縄の伝統蒸留酒「イムゲー(芋酒)」を復活させると発表した。久米仙の島袋社長は「島には特産物のイモ、製糖工場があるので、地域おこしになる。3社がまとまって取り組むのは、いまだかつて泡盛業界でないこと」と期待を込めた。
 19日開催の「沖縄の産業まつり」、11月3日開催の「八重山の産業まつり」、11月23日開催の「沖縄離島フェア」で、請福酒造が約1000本の試飲会とテストマーケティングを行う。3社それぞれが2019年春の商品化に向けて取り組みを進める。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  創造性を核とした世界の都市同士が連携し、地域の創造産業の発展と都市の持続可能な開発を目指す「ユネス…
  2.  琉球伝統芸能デザイン研究室(山内昌也代表理事)は24日、県庁で設立会見を行った。琉球時代に士族の間…
  3.  27日に開業を予定しているサンエーパルコ(上地文勝社長)は25日、大型商業施設「サンエー浦添西海岸…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市議会は17日、尖閣諸島周辺海域で石垣市の漁船が中国公船に追尾されたことを巡り、玉城デニー知事…
ページ上部へ戻る