幻の伝統酒復活へ 泡盛メーカー3社「イムゲー」製造

イムゲーの合同研究記者発表を行った(左から)㈱久米島の久米仙の島袋正也社長、請福酒造有限会社の漢那憲隆社長、㈱多良川の砂川拓也社長、沖縄工業センターの古堅勝也所長、同センターの豊川哲也主任研究員=17日、那覇市内のホテル

 泡盛製造を手掛ける請福酒造有限会社(石垣市、漢那憲隆社長)、株式会社多良川(宮古島市、砂川拓也社長)、株式会社久米島の久米仙(久米島町、島袋正也社長)と沖縄工業技術センター(古堅勝也所長)は17日、那覇市で合同記者会見を開き、沖縄の伝統蒸留酒「イムゲー(芋酒)」を復活させると発表した。久米仙の島袋社長は「島には特産物のイモ、製糖工場があるので、地域おこしになる。3社がまとまって取り組むのは、いまだかつて泡盛業界でないこと」と期待を込めた。
 19日開催の「沖縄の産業まつり」、11月3日開催の「八重山の産業まつり」、11月23日開催の「沖縄離島フェア」で、請福酒造が約1000本の試飲会とテストマーケティングを行う。3社それぞれが2019年春の商品化に向けて取り組みを進める。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  中国武漢を発生源とする新型コロナウイルス感染症拡大が深刻化する中、石垣市は4日午後、新石垣空港(南…
  2.  全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、医療体制が脆弱な離島で医師の不安が高まっている。各離…
  3.  県内で4日、新型コロナウイルスの感染者が1日では最多となる5人に達した。いずれも沖縄本島中南部だが…

日付から記事を検索

2020年4月« 3月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄に生息する希少な野生動植物の密漁・密輸防止に向け、環境省沖縄奄美自然環境事務所と㈱NTTドコモ…
ページ上部へ戻る