ドライバーに注意喚起 カンムリワシの事故多発で 石垣自然保護官事務所

万勢岳のカンムリワシ(資料写真)

 石垣自然保護官事務所によると、2018年における交通事故と考えられるカンムリワシの救護と死亡個体の回収が石垣島で5件(死亡5件)、西表島で6件(死亡5件)発生していることが21日までに分かった。同事務所はカンムリワシの交通事故防止に向けた注意喚起を呼び掛けている。

 環境省ではこの状況を踏まえ、交通事故の注意喚起を呼び掛けるチラシやクリアファイルの配布先・掲示場所の増加、市町で広報を行い、交通事故防止に向け取り組みを強化していく考え。

 カンムリワシは秋から春にかけて幼鳥の独立期、成鳥の交尾・造巣期を迎え、出現頻度が高くなり交通事故が多発する傾向がある。同事務所は最も効果的な交通事故防止対策として「ドライバー一人ひとりが法定速度を守ってスピードを控える、野生動物の飛び出しに注意してほしい」と協力を求めている。

 カンムリワシの傷病個体や死体を発見した場合は同事務所(℡82-4768)か、西表島野生生物保護センター(℡84-7130)まで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  約3万年前、ユーラシア大陸から台湾を経由し南西諸島に進出した人々は、どうやって海を渡り、遠い島々に…
  2.  沖縄振興開発金融公庫八重山支店(比嘉努支店長)の融資を受けたみやぎ米屋㈱(宮城隆代表取締役社長)が…
  3.  7月に投開票される参院選沖縄選挙区に向け、琉大法科大学院の高良鉄美名誉教授(65)=無所属=と自民…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  【北京共同】中国の胡春華(こ・しゅんか)副首相は18日、河野洋平元衆院議長が会長として率いる日本国…
ページ上部へ戻る