秋、深まる きょう霜降 西表で最低気温20度

高度約6000㍍上空に広がる雲海。夕日と雲は秋の深まりを感じさせる=10月中旬、JTA機内から撮影

 きょう23日は霜降(そうこう)。二十四節気の一つで、秋が一段と深まり、朝霜が見られるころという意味で、朝晩の冷え込みが厳しくなるころとされる。

 「秋の日はつるべ落とし」というが、日脚もぐんと短くなった。石垣のきょうの日の入りは午後6時11分。7時前には辺りはもう真っ暗だ。朝晩はひんやりとして、エアコンを使わない日が多くなった。

 22日の最高気温は各地とも10月下旬から11月中旬並みの26度~27度台を観測。最低気温は西表で20度、大原20・1度と今季最低となり、肌寒い朝を迎えた。

 週間天気予報によると、最高気温・最低気温とも期間の前半は平年並みか平年より高く、期間の後半は平年より低い見込み。
  (文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市が昨年10月、尖閣諸島の字名を「登野城尖閣」に変更する前、中国駐福岡総領事館から市に対し、電話…
  2. 2021年度新川字会(金城文雄会長)の通常総会が17日午後、新川自治公民館で開かれ、新・旧役員のみが…
  3. いかなる文脈にあるかで、言葉の相貌は変わる。愛情を感じる人の「バカ」と憎悪を覚える人の「バカ」とでは…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  儒教の祖・孔子をまつる「孔子廟(びょう)」のため、那覇市が松山公園内の土地を無償で提供していること…
ページ上部へ戻る