秋、深まる きょう霜降 西表で最低気温20度

高度約6000㍍上空に広がる雲海。夕日と雲は秋の深まりを感じさせる=10月中旬、JTA機内から撮影

 きょう23日は霜降(そうこう)。二十四節気の一つで、秋が一段と深まり、朝霜が見られるころという意味で、朝晩の冷え込みが厳しくなるころとされる。

 「秋の日はつるべ落とし」というが、日脚もぐんと短くなった。石垣のきょうの日の入りは午後6時11分。7時前には辺りはもう真っ暗だ。朝晩はひんやりとして、エアコンを使わない日が多くなった。

 22日の最高気温は各地とも10月下旬から11月中旬並みの26度~27度台を観測。最低気温は西表で20度、大原20・1度と今季最低となり、肌寒い朝を迎えた。

 週間天気予報によると、最高気温・最低気温とも期間の前半は平年並みか平年より高く、期間の後半は平年より低い見込み。
  (文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山地方は梅雨の中休みに入り、晴天が続いている。近海にあった梅雨前線が衰退し、高気圧に覆われてい…
  2.  自衛官募集相談員の委嘱交付式が24日午前、石垣市で開かれ、中山義隆市長が自衛隊沖縄地方協力本部の松…
  3.  「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23、24の両日、漁船「高洲丸」に乗り、尖閣諸島周…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は12日の定例記者会見で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の返還を巡り、名護市辺野古移設…
ページ上部へ戻る