秋、深まる きょう霜降 西表で最低気温20度

高度約6000㍍上空に広がる雲海。夕日と雲は秋の深まりを感じさせる=10月中旬、JTA機内から撮影

 きょう23日は霜降(そうこう)。二十四節気の一つで、秋が一段と深まり、朝霜が見られるころという意味で、朝晩の冷え込みが厳しくなるころとされる。

 「秋の日はつるべ落とし」というが、日脚もぐんと短くなった。石垣のきょうの日の入りは午後6時11分。7時前には辺りはもう真っ暗だ。朝晩はひんやりとして、エアコンを使わない日が多くなった。

 22日の最高気温は各地とも10月下旬から11月中旬並みの26度~27度台を観測。最低気温は西表で20度、大原20・1度と今季最低となり、肌寒い朝を迎えた。

 週間天気予報によると、最高気温・最低気温とも期間の前半は平年並みか平年より高く、期間の後半は平年より低い見込み。
  (文・写真 南風原英和)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
  2.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
  3.  国民民主党の玉木雄一郎代表や大塚耕平代表代行ら同党関係者らは22日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、面…

日付から記事を検索

2019年1月« 12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  19日に行われた県議会本会議の代表質問で玉城デニー知事は、北部基幹病院の整備について「借入金を縮減…
ページ上部へ戻る