教育長専決処分が焦点 議長決まらず20日目 与那国町議会

 与那国町議会(定数10)は26日、引き続き議長選出を行ったが決まらず、異常状態は終息していない。議長選出は通算20日目となり、投票回数は93回となった。

 一方、外間守吉町長は膠着(こうちゃく)した状況を打開するため行った与党協議の結果、与党から議長を出す条件として教育長の専決処分が浮上したことを尊重。これを受け教育長の専決処分が法的に可能かどうか県当局に意見を求めることにした。週明けの29日に職員を県に派遣する。教育長専決処分に対して野党は静観の構えだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県離島振興市町村議会議長会(新田長男会長)は14日、那覇市の自治会館で第10回定期総会を開き、日本…
  2.  18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の…
  3.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は、投票率がどこまで伸びるかが一つのポイ…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う2月24日の県民投票をめぐり、石垣市議会(平良秀之議…
ページ上部へ戻る