約519万7千人で過去最高 18年度上半期、県入域観光客数

 県は25日、今年度の県入域観光客数が519万7千300人で過去最高を更新したと発表した。対前年度比で15万1千200人、率にして3.0%増だった。ただ、9月の入域観光客数は80万1千500人で、対前年同月比で3万5千600人減少した。

 上半期の観光客数が過去最高になったことについて県は、官民一体となった誘客プロモーションの効果、国内外からの航空路線の拡充、クルーズ船の寄港回数の増加が要因になったとしている。

 9月の入域観光客数が前年度より少なかったことについては、台風による影響を指摘する。関西国際空港が一時的に閉鎖されたことで、関西からの観光客が大幅に落ち込んだことが原因としている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  幸福を祈願し、全長200メートル、重さ40トンの世界最大級の大綱を引き合う伝統行事「那覇大綱挽(お…
  2.  八重山病院(篠﨑裕子院長)は13日午後、新病院開設1周年記念講演会を同院2階講堂で開き、篠﨑院長が…
  3.  第20回記念全島とぅばらーま大会(主催・在沖八重山郷友会連合会)が13日夜、浦添市のてだこ大ホール…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  リゾテックおきなわ国際IT見本市実行委員会(稲垣純一委員長)は9日、県市町村自治会館で、同事業構想…
ページ上部へ戻る