難病抱える家族へ夢を 恩納村のホテル、2家族招く

「ウィッシュ・バケーション」で来沖した2家族は宿泊先となる恩納村のカフーリゾートフチャクコンド・ホテルで歓迎を受けた。29日まで滞在する=27日、同ホテル

 難病を抱える子どもとその家族を応援する企画「ウィッシュ・バケーション」で来沖した2家族10人は27日、宿泊先のカフーリゾートフチャクコンド・ホテル(恩納村、荒井達也総支配人)で盛大な歓迎を受けた。「公益社団法人難病の子どもとその家族へ夢を」(大住力代表理事、東京都)によるもので、2家族は29日まで滞在し、沖縄の観光地などを巡る予定。
 2家族は27日夜、同ホテルで開かれた歓迎会で、沖縄料理を堪能し、ミュージシャンによるウクレレの弾き語りやスタッフとの交流を楽しんだ。沖縄市の中頭病院の職員も参加。ホテルからは2家族それぞれにサプライズケーキが用意され、終始笑顔溢れる雰囲気に包まれた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県離島振興協議会・県過疎地域振興協議会(外間守吉与那国町長)は4月25日、県庁に謝花喜一郎副知事を…
ページ上部へ戻る