「心の原風景を次の世代へ」 大塚さん、今年もカレンダーを贈呈

郷友会との交流会で贈呈式が開かれた。大塚勝久さん(右)と上勢頭篤公民館長(左)=27日、まちなみ館

 那覇在住で竹富島の名誉島民でもある写真家、大塚勝久さん(77)がこのほど、16作目となる企業向けカレンダー「2018おきなわの彩島の光」を発行し、竹富島の全世帯に相当する150部を贈呈した。
 大塚さんは毎年カレンダーを贈呈している。また、種子取祭の記録写真の撮影は27回目、36時間不眠不休でシャッターを切る姿を知らない島民はいないだろう。それでも「神司の大変さを思えばこのくらい。むしろ27年間健康なのは竹富島のおかげ」と屈託なく笑うのが大塚さんの魅力だ。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  環境省からサンゴ学習団体「わくわくサンゴ石垣島」が委託を受け、川平小学校の5、6年生11人と地域の…
  2.  観光客の急増で狭隘(きょうあい)化が指摘される新石垣空港の国内線ターミナル増改築の着手が、2021…
  3.  第24回オープントーナメントグランドチャンピオン決定戦・全日本少年少女空手道選手権大会(主催・社団…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  特攻隊員、戦没者1036人の遺品を展示・収蔵している知覧特攻平和会館(朝隈克博館長)=鹿児島県南九…
ページ上部へ戻る