夜を徹してユークイ 種子取祭 最高潮の盛り上がりに 竹富島

豊穣の世を願うユークイの唄で種子取祭はクライマックスを迎えた=25日夜、西集落クマーヤ(小浜屋)

 25日午後5時30分ごろ、竹富島の種子取祭奉納芸能初日の最後の演目「曽我兄弟」が終了すると、神前ではイバン(九年母の葉)の儀式が行われ、いよいよ種子取祭のクライマックスともいえるユークイ(世乞い)が始まった。

 「豊穣の世を乞い願う」というユークイは、種子取祭を統一した根原金殿をまつるネーレ(根原屋)から始まる。その後、西、東、仲筋の三集落に別れ、ドラや太鼓を打ち鳴らしながらユークイの唄を歌い、夜通し各家々をまわった。このうち西集落の主事宅、クマーヤ(小浜屋)では、大勢の島民や郷友、観光客が一緒にユークイの唄をうたい、最高潮の盛り上がりをみせた。

 家主の藤井幸吉さんは「こんなにたくさんの方々に来ていただけるとは思っていなかった」と感激の表情をみせた。また、夜10時ごろに臨時便が運航され、ユークイの雰囲気を少しでも味わいたいという観光客に利用された。(隅田賢通信員)

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  (一般)石垣市観光交流協会(大松宏昭会長)役員・理事らと市の施設管理課、観光文化課職員の計17人が…
ページ上部へ戻る