「しっかりと任務を」 小倉さんに機動救難服貸与

機動救難服貸与式を終え、真新しい機動救難服(オレンジ服)に身を包み、初の救難哨戒を待つ小倉さん=29日午後、石垣航空基地

 第11管区海上保安本部石垣航空基地(植野明基地長)は29日午後、同基地で今年4月に配属された新人の機動救難士、小倉雄介さん(31)に機動救難服の貸与式を行った。

 機動救難服は7カ月にわたる座学や訓練、横浜防災基地での機動研修をすべて修了し、機動救難士として救助活動が行えるレベルに達した「あかし」として貸与される。

 小倉さんは神奈川県茅ヶ崎市出身。横須賀、東京、横浜の配属を経て石垣へ。「石垣では急患搬送業務がある。しっかりと任務にあたり、経験を積み、機動救難士として人命を救助する役割を果たしたい」と抱負を語った。

 機動救難士は船舶で発生した傷病者や海上で漂流する遭難者をヘリコプターで迅速に救助する専門チームの一員。気力、体力に優れた職員から選抜される精鋭メンバー。小倉さんは機動救難服の貸与式のあと、初めてとなる約2時間の救難哨戒活動に出発した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
ページ上部へ戻る