「しっかりと任務を」 小倉さんに機動救難服貸与

機動救難服貸与式を終え、真新しい機動救難服(オレンジ服)に身を包み、初の救難哨戒を待つ小倉さん=29日午後、石垣航空基地

 第11管区海上保安本部石垣航空基地(植野明基地長)は29日午後、同基地で今年4月に配属された新人の機動救難士、小倉雄介さん(31)に機動救難服の貸与式を行った。

 機動救難服は7カ月にわたる座学や訓練、横浜防災基地での機動研修をすべて修了し、機動救難士として救助活動が行えるレベルに達した「あかし」として貸与される。

 小倉さんは神奈川県茅ヶ崎市出身。横須賀、東京、横浜の配属を経て石垣へ。「石垣では急患搬送業務がある。しっかりと任務にあたり、経験を積み、機動救難士として人命を救助する役割を果たしたい」と抱負を語った。

 機動救難士は船舶で発生した傷病者や海上で漂流する遭難者をヘリコプターで迅速に救助する専門チームの一員。気力、体力に優れた職員から選抜される精鋭メンバー。小倉さんは機動救難服の貸与式のあと、初めてとなる約2時間の救難哨戒活動に出発した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
  2.  今年のゴールデンウィークは27日から5月6日まで、異例の10連休となる。新天皇即位、改元というビッ…
  3.  八重山地区水難事故防止運動の開始式が25日、八重山警察署で開かれた。ゴールデンウィークを皮切りとす…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県内米軍基地の早期返還を期待し、都市計画法に基づいた手続きにより、1974年8月から那覇港湾施設(…
ページ上部へ戻る