補正予算など可決 実施済み専決処分に疑問も 与那国町議会

専決処分について説明する外間町長=1日、与那国町議会議場

 議長が決まり正常化した与那国町議会(前西原武三議長)は1日、9月定例会本会議を開き、2億8864万円を追加する平成30年度町一般会計補正予算、条例の一部改正、監査委員の選任同意など7件を原案通り可決した。また既に町から提出されていた教育長人事に関する専決処分は取り下げられた。

 一方、同補正予算の書類とともに配布された、10月12日実施の専決処分書について、田里千代基氏が「緊急でないものも入っている。専決処分はこれで良かったのか」と外間守吉町長に疑問を投げかけた。

 外間町長は「議会が正常に戻らない中、見通しがつかなかったので、課長を集めて協議した結果、提案された。それを指導して決めたので、何ら問題はない」と答えた。これに対して田里氏は「違法ではないが、妥当ではない」と断じた。

 会期を10月31日に7日までと決めたが、8日まで延長することにした。8日には一般質問を行う予定。2日から7日までは休会。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、石垣市住民投票を求める会の金城龍太郎代表らが住民投票の実施を求めて…
  2.  竹富島の環境を保全しようと、9月1日から入島料の徴収がスタートして約2カ月が経過した。徴収業務に当…
  3.  県内の更生保護関係者が集まり、功労者を顕彰する県更生保護大会が20日午後、那覇市内のホテルで開催さ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事は6日、日韓関係の悪化を受け、経済や文化交流面での損失に懸念を示した上で「手に手を取…
ページ上部へ戻る