「日本を守る防波堤に」 念法眞教、沖縄戦殉難者を慰霊

念法眞教の沖縄戦殉難者慰霊法要が営まれた=10月27日午前、糸満市・平和祈念堂

 沖縄戦の殉難者を慰霊しようと、宗教法人念法眞教は10月26日から3日間、沖縄本島で戦没殉難者慰霊祭を行い、約70人が参加した。

 大阪市に教団の総本山金剛寺があり、全国から毎年、参加者を募って沖縄で巡拝している。今年で17年目。

 10月27日には糸満市の平和祈念堂で沖縄戦殉難者慰霊法要を営み、観音経を唱えた。法要の趣旨を唱える表白の中で、導師を勤めた一宮良範教務総長は「日本本土上陸の防波堤として戦い、沖縄や日本を守るため殉難した。一日も早く平和な世界が実現することを祈念する」と述べた。

 一行はこの他に黎明之塔、健児之塔などを回って、慰霊勤行を勤めて戦死者の冥福を祈った。

 法要後、井平良道教化部長は「沖縄の犠牲の上に今の日本があることを自覚できていない日本人が多い。御霊が浮かばれるようなことをしたい」と思いやった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
  2.  今年のゴールデンウィークは27日から5月6日まで、異例の10連休となる。新天皇即位、改元というビッ…
  3.  八重山地区水難事故防止運動の開始式が25日、八重山警察署で開かれた。ゴールデンウィークを皮切りとす…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県議会で県民投票条例が可決されたことを受け、玉城デニー知事は26日、「県民が辺野古移設に対する意思…
ページ上部へ戻る