知事「県民の誇り」 秋の叙勲、受章者に伝達

玉城デニー知事(前列左から3人目)と秋の叙勲受章者=7日、那覇市の知事公舎

 2018年秋の叙勲と第31回危険業務従事者叙勲伝達式が7日、那覇市の知事公舎レセプションホールで開かれ、地方自治と消防の分野で発展に貢献した県内の受章者11人に対し、玉城デニー知事が勲記と勲章を手渡した。

 宮古市議会議員を務め、旭日双光章を受賞した下地明さん(76)が受章者を代表し「身に余る光栄。私の世代は幼いころに戦争に巻き込まれ、青年期は郷土の復興という使命を担ってきた。いささかなりとも貢献できたとすれば、多くの先輩方の温かい励ましとご協力の賜物」とあいさつした。

 玉城知事は「県民にとっても大きな誇り」とたたえた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  竹富町初となる子育て支援員研修の開講式が17日、竹富町役場で開かれ、町内から13人の受講生が参加し…
  2.  石垣島への陸上自衛隊配備計画で、沖縄防衛局は13日、石垣市に対し、市有地の取得計画範囲が確定したと…
  3.  石垣市が世界各国の大使らを招待し、12月に開かれる世界平和の鐘設置30周年記念イベント「ピースベル…

日付から記事を検索

2018年11月« 10月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1. 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、国が埋め立てのための土砂搬出を予定する本…
ページ上部へ戻る