台風被害復旧を要請 嘉手納町議会が県に

富川氏(中央)に端末を見せながら説明する徳里議長(同左)。中川県議(同右)も同席し、被害状況を訴え、支援策を求めた=9日、県庁

 嘉手納町議会(徳里直樹議長)は9日、県庁と県議会に富川盛武副知事と新里米吉議長を訪ね、9月28日から9月30日にかけて県内で被害をもたらした台風24号による被害への対応を要請した。町の沿岸部に面する西浜区は、台風による暴風と高波で家屋が浸水し、町道が冠水するなど大きな被害が出た。富川氏は被害調査をした上で、対応を検討する考えを示した。
 大潮で満潮だったことも重なり、被害は拡大。約1㍍冠水した場所もあったという。強風と波などで護岸の一部も損壊し周囲に飛散。付近の家屋や店舗なども破損した。人的被害はなかった。町議会は被災箇所の早期復旧や護岸の強靭化を要請。また、県による被害調査と被災住民への生活支援を求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  72年間で国内外の情勢は大きく変化したが、憲法は一言一句たりとも変わっていない。憲法とはそもそも頻…
ページ上部へ戻る