台風被害復旧を要請 嘉手納町議会が県に

富川氏(中央)に端末を見せながら説明する徳里議長(同左)。中川県議(同右)も同席し、被害状況を訴え、支援策を求めた=9日、県庁

 嘉手納町議会(徳里直樹議長)は9日、県庁と県議会に富川盛武副知事と新里米吉議長を訪ね、9月28日から9月30日にかけて県内で被害をもたらした台風24号による被害への対応を要請した。町の沿岸部に面する西浜区は、台風による暴風と高波で家屋が浸水し、町道が冠水するなど大きな被害が出た。富川氏は被害調査をした上で、対応を検討する考えを示した。
 大潮で満潮だったことも重なり、被害は拡大。約1㍍冠水した場所もあったという。強風と波などで護岸の一部も損壊し周囲に飛散。付近の家屋や店舗なども破損した。人的被害はなかった。町議会は被災箇所の早期復旧や護岸の強靭化を要請。また、県による被害調査と被災住民への生活支援を求めた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…
ページ上部へ戻る