原料生産量8万3千㌧ 来月6日から操業開始 石糖

石垣島製糖の18/19年期操業が来月6日から始まる。写真は石垣市内のサトウキビ畑=16日

 石垣島製糖(松林豊社長)の2018/19年期原料委員会が16日、同社で開かれ、今期の原料生産量が8万3838㌧(前期比17・8%減)であることが報告された。製糖開始は12月6日、終了は来年3月21日を予定している。
 収穫面積は1393㌶(同2・9%減)、10㌃当たり収量は6㌧18㌔(同15・4%減)。作型別の面積と生産量は、夏植えが480㌶で3万7506㌧、春植えが179㌶で1万45㌧、株出しが735㌶で3万6286㌧で、株出しの収穫面積が前期(561㌶)から大きく増加し、53%を占める。
 単収が減少した要因は、生育旺盛期前半の梅雨時期の少雨、台風8号の被害などが挙げられた。
 年内操業開始となる理由について同社の担当者は、前期に原料切れによる工場の稼働停止が多かったことを挙げ「できるだけ早い段階から製糖を開始したい」と説明。1日平均900㌧の原料処理を見込んでいることを明らかにし、スムーズな操業に向けて農家や運送業者の協力を求めた。
 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルスで売り上げが落ち込んだ地元店舗の支援策として、石垣市が打ち出したプレミアム付き商…
  2.  西表島(竹富町)のバーベキュー会場で起きた新型コロナウイルスの集団感染で、西大舛髙旬町長は八重山日…
  3.  ㈱八重山食肉センター(中山義隆代表取締役)は12日午後、同センターで八重山管内の食肉販売事業者の販…

日付から記事を検索

2020年8月« 7月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  5月30日に行われた「考えましょう 私たちの安全を 拉致問題を考える石垣の集い」(主催・特定失踪者…
ページ上部へ戻る