直釜蒸留100%の一品 新商品、CFで資金造成 八重泉酒造

新商品をPRする座喜味社長=21日、八重泉酒造

 クラウドファウンディング(CF)で資金造成し、商品開発した有限会社八重泉酒造(座喜味盛行代表取締役社長)は21日、同社で会見を開き新商品「古酒八重泉44度」をPRした。同商品は八重泉酒造初となる直釜蒸留製法100%の一品。
 同商品は2014年、石垣市商工会の支援を得た「石垣島ファウンド事業」の一環として、ミュージックセキュリティーズ過株会社がクラウドファウンディングで支援者を募集。その結果、1口3万円に対し、309口(255人)、900万円の資本金が集まった。
 同資金で原料米や貯蔵タンクを購入し、古酒にするために3年間熟成。ことし9月に商品として販売開始となった。
 出資者に3万円の配分をする必要があるため、売上目標は2020年の決算までに1500万円。
 座喜味社長は「昔ながらの蒸留方法で味、風味が濃厚な酒」とPRし、「度数は44度でお酒好きにはじっくり味わえる。色々な味わいを楽しんでほしい」と話した。
 サイズは300、720㍉㍑、1升の3種類。300㍉㍑サイズはすでに販売開始している。
 同商品は23日、那覇市で開かれる離島フェアに出品する。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「2019年度おきなわ県民カレッジ広域学習サービス講座」(主催・沖縄県教育委員会)が14日開講し、…
  2.  石垣市の新庁舎建設と周辺開発に伴い、石垣海上保安部が離島から石垣島への急患搬送に使用している旧石垣…
  3.  ユーグレナ石垣港離島ターミナル内に整備されたプラネタリウム上映可能な多目的ドームシアター「石垣市美…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る