直釜蒸留100%の一品 新商品、CFで資金造成 八重泉酒造

新商品をPRする座喜味社長=21日、八重泉酒造

 クラウドファウンディング(CF)で資金造成し、商品開発した有限会社八重泉酒造(座喜味盛行代表取締役社長)は21日、同社で会見を開き新商品「古酒八重泉44度」をPRした。同商品は八重泉酒造初となる直釜蒸留製法100%の一品。
 同商品は2014年、石垣市商工会の支援を得た「石垣島ファウンド事業」の一環として、ミュージックセキュリティーズ過株会社がクラウドファウンディングで支援者を募集。その結果、1口3万円に対し、309口(255人)、900万円の資本金が集まった。
 同資金で原料米や貯蔵タンクを購入し、古酒にするために3年間熟成。ことし9月に商品として販売開始となった。
 出資者に3万円の配分をする必要があるため、売上目標は2020年の決算までに1500万円。
 座喜味社長は「昔ながらの蒸留方法で味、風味が濃厚な酒」とPRし、「度数は44度でお酒好きにはじっくり味わえる。色々な味わいを楽しんでほしい」と話した。
 サイズは300、720㍉㍑、1升の3種類。300㍉㍑サイズはすでに販売開始している。
 同商品は23日、那覇市で開かれる離島フェアに出品する。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県が昨年夏に行った辺野古埋立て承認の撤回を、石井啓一国土交通大臣が5日取り消した裁決に対して、県は…
ページ上部へ戻る