車えびは「今が旬」 祭りに大勢の人出

車えびの魅力を発信するため開かれた「第7回車えび祭り」。試食会には多くの人が列を作った=23日、琉球新報ビル1階広場

 県車海老漁業協同組合は県産車えびの最盛期を迎える12月を前に「今が旬!美味(おい)しさ体験第7回車えび祭り」を23日、那覇市の琉球新報ビル1階広場で開催した。
 県内には18カ所の車えび養殖場があり、生産量、生産額ともに全国一を占めるが、県内での消費は少なく、9割近くが県外へ出荷されている。同組合の具志司さんは「沖縄が生産量日本一ということを知ってもらいたい。県内では車えびの認知度が低いが、地元で獲れる食材を地元の皆さんに食べてほしい」と呼び掛けた。
 会場ではパネル展や親子勉強会が用意され、多くの子どもたちが車えびについて学んだ。
 またつかみ取り体験では、子どもたちが初めて触れる車えびを恐がりながらも、うまく捕まえた車えびをうれしそうに眺める姿が見られた。那覇市小禄の栄野比啓太君(6)は「飛び跳ねてきたけど、自分で捕まえた」と自慢げに話した。
 朝に獲れたばかりの新鮮車えびを丸焼きにして開かれた試食会では、香ばしい香りが会場周辺まで広がり、多くの人が列を作った。那覇市の稲葉直美さん(48)は、「えびの風味やうま味がしっかりしてておいしい」と舌鼓を打った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県が「21世紀ビジョン」(沖縄振興計画)で示した施策の検証と今後の改善方針などを報告する県振興推進…
  2.  竹富町、竹富島地域自然資産財団、竹富公民館は21日午後、町役場で記者会見し、竹富島を訪れる観光客を…
  3.  麗澤大学外国語学部の学生4人が3日から約1カ月間、美ら花グループ(宮平康弘CEO)の南の美ら花ホテ…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る