県民の旅行需要を喚起 旅フェスタで各地域アピール

ナマハゲと一緒に写真撮影をする子ども達=23日、沖縄コンベンションセンター

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)と琉球放送(濱田建三社長)は23日から2日間、県民の旅行需要喚起などを図ろうと「沖縄旅フェスタ2018」を沖縄コンベンションセンターで開いた。会場内に31の地方自治体や関連団体がブースを設け、体験型のゲームや機器などを使ってそれぞれの地域の魅力をアピールした。
 ブースを設けた地域と沖縄との間には航空便が就航しており、航空会社や旅行会社もブースを設置。都市部の鉄道会社も参加し、記念撮影できるコーナーなどが来場者の関心を引いた。
 東北地方のブースには、今年ユネスコの無形文化遺産に登録される見通しの「ナマハゲ」が登場。ゆるキャラも会場内を練り歩き、地元をアピールした。航空会社や旅行会社は関連旅行商品を紹介。自国の様子を紹介した。
 北海道の観光振興機構広報リーダーの富永泰司氏は、OCVBなどと協力し、日本の南北で魅力をアピールして、東京や大阪などの都市部でイベントが開催できればと期待を寄せる。
 今年の震災について「観光への影響は全くない」と強調した。
 会場では、OCVBとフィリピン観光省との間で観光協力に関するMOU(覚え書き)も締結された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う~比嘉聰・大倉源次郎 人間国宝認定記念公演~」(主催・同実行委…
  2.  大学入試センター試験が18日、全国689会場で一斉に開始された。会場となった県立八重山高校での志願…
  3.  石垣市婦人連合会(石垣敦子会長)が18日午後、市新川出身で、女性初の関東沖縄IT協議会会長として活…

日付から記事を検索

2020年1月« 12月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  年間約50万人が訪れる人気観光地の竹富島で9月1日から、観光客は1人300円の入域料(入島料)の支…
ページ上部へ戻る