県民の旅行需要を喚起 旅フェスタで各地域アピール

ナマハゲと一緒に写真撮影をする子ども達=23日、沖縄コンベンションセンター

 沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)と琉球放送(濱田建三社長)は23日から2日間、県民の旅行需要喚起などを図ろうと「沖縄旅フェスタ2018」を沖縄コンベンションセンターで開いた。会場内に31の地方自治体や関連団体がブースを設け、体験型のゲームや機器などを使ってそれぞれの地域の魅力をアピールした。
 ブースを設けた地域と沖縄との間には航空便が就航しており、航空会社や旅行会社もブースを設置。都市部の鉄道会社も参加し、記念撮影できるコーナーなどが来場者の関心を引いた。
 東北地方のブースには、今年ユネスコの無形文化遺産に登録される見通しの「ナマハゲ」が登場。ゆるキャラも会場内を練り歩き、地元をアピールした。航空会社や旅行会社は関連旅行商品を紹介。自国の様子を紹介した。
 北海道の観光振興機構広報リーダーの富永泰司氏は、OCVBなどと協力し、日本の南北で魅力をアピールして、東京や大阪などの都市部でイベントが開催できればと期待を寄せる。
 今年の震災について「観光への影響は全くない」と強調した。
 会場では、OCVBとフィリピン観光省との間で観光協力に関するMOU(覚え書き)も締結された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の県立八重山病院に入院する新型コロナウイルス感染者が54日ぶりにゼロ人になったことが分かった…
  2.  新型コロナウイルスの新規感染者は、現在でも連日のように確認されている。しかし、ある程度の感染者発生…
  3.  竹富町は町内の西表島東部と西部、小浜島、波照間島にある計4カ所の県立八重山病院付属診療所に新型コロ…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡る県民投票を実現させたメンバーらでつくる「新しい提案実行委員会」(…
ページ上部へ戻る