2月24日に県民投票へ 辺野古移設賛否で県

 県は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票を、来年2月24日に実施する方向で最終調整に入った。複数の県関係者が26日、明らかにした。政府が年内にも辺野古沿岸部に土砂投入を計画する中で、玉城デニー知事は県民投票で反対多数の民意を示し、政府に移設断念を迫る考えだ。

 玉城氏が27日にも表明する。関係者によると、実施時期について県は来年2月17日と同24日の2案で検討していた。17日は県内で大規模なマラソン大会が開催される予定で、投票率が下がる懸念があることなどから、24日実施の方向となった。

 県民投票条例は10月31日に公布され、来年4月30日までに投開票する必要がある。県内市町村の12月議会で関連予算が審議される予定だが、普天間飛行場がある宜野湾市、石垣市など一部の自治体は選挙事務への協力について、態度を保留している。

 県民投票は、辺野古移設のための沿岸部埋め立てについて、賛成または反対のどちらかを二者択一で選ぶ。条例では、賛否いずれか多い方の票が有権者の4分の1に達すれば、知事は結果を尊重しなければならないと定めている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  華道家元の池坊琉櫻会與那國久枝社中は24日午前、毎年恒例の夏休み子ども生け花教室を開催した。主宰の…
  2.  海の恵みを知り、海への感謝を深めると同時に、親子間のコミュニケーションを図ろうと、石垣市教育委員会…
  3.  米中の「貿易戦争」が激化している。トランプ米大統領は23日、ツイッターで中国からの輸入品に対する関…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備に向け、駐屯地建設工事が進む平得大俣地区の旧ゴルフ場前で、市森林区域にあっ…
ページ上部へ戻る