語り継がれる沖縄戦を問う 劇団パレイド公演きょうまで

公開リハーサル=南城市文化センターシュガーホール

 県内を中心に、演劇の舞台公演を通じて地域活性活動、支援活動を行うエンターテイメント集団・劇団パレイドによる演劇「大切なもの~ワンヌイミ~」(主催・Tーra creation project)が1日から、南城市文化センターシュガーホールで始まった。2日まで。
 昨年の初公演に引き続き2回目。沖縄戦で語り継がれている証言をもとに「夢を持つこと」「大切な人を愛すること」「生きている素晴らしさ」を考え、現代人に「本当に大切なもの」とは何かを問いかける。
 劇団パレイドで副座長を務め、本作出演のほか、脚本・演出・テーマ曲の作詞などを手掛ける平良将紀さん(25)=南城氏出身=は「戦争を知らない我々の世代が、かつて自分たちの住む地域で起きた悲劇を知り、未来につないでいきたい。次の世代に何ができるかを考えて作り上げたのがこの作品。多くの方に見ていただきたい」と語った。
 実在した日系人米兵役を演じる俳優の福地清さん(28)は「学校の授業では知ることができない当時の証言や歴史がある。僕が演じる人物は沖縄出身だが、米兵として沖縄戦を戦った日系人役。自身の大切なものを考えるきっかけにしてもらえたら」と語る。
 問い合わせは、公演の情報は劇団パレイド公式ホームページまで。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県離島振興市町村議会議長会(新田長男会長)は14日、那覇市の自治会館で第10回定期総会を開き、日本…
  2.  18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の…
  3.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は、投票率がどこまで伸びるかが一つのポイ…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  19日に行われた県議会本会議の代表質問で玉城デニー知事は、北部基幹病院の整備について「借入金を縮減…
ページ上部へ戻る