知事「乱暴なやり方」 搬入再開に憤り、対話は模索

県議会閉会後の県庁で記者の質問を受ける玉城知事=5日夕、県庁

 米軍普天間飛行場の辺野古移設を巡り、国が県の指摘を受けて一時中断していた琉球セメントの安和桟橋を利用した土砂搬入作業を5日に再開したことを受け、玉城デニー知事は同日午後、県庁で報道陣の取材に対し「手続きを一方的に解釈した乱暴なやり方だ。14日に土砂投入の期日を決め、合わせるかのようなやり方は県民の理解は得られない」と憤った。ただ「対話を持ち、協議をする糸口を模索する」とも述べ、政府との交渉を求める姿勢を見せた。
 沖縄防衛局は辺野古移設に際し、本部町の岸壁を使用して土砂を海上から搬入する。ただ、今年の台風被害で同岸壁が一部損壊し、使用できなくなっている。これを受け、同局は3日、名護市の琉球セメントにある安和桟橋を利用し運搬船に土砂を搬入。県は同日中に管理規則違反を指摘し、使用停止の行政指導を実施。4日の土砂搬入は行われなかった。
 しかし、琉球セメントは3日午後に県に対し、桟橋設置工事の完了届を提出。5日には、提出したため作業は開始できると判断し、職員が県北部土木事務所を訪ね、その旨を口頭で説明。同日午後に作業を開始した。
 同社の担当者は「県の指導を受けて、申請書類を出した」と語り、適切に処理した上で、搬入作業を再開したとの認識を示した。県も完了届について「北部土木事務所が既に受理した」としている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府は17日、地域の関係機関を束ね、観光地づくりの司令塔となる法人「日本版DMO」に、八重山ビジタ…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る