応募した6人全員が入賞 新聞コンで大活躍 崎枝中

沖縄賞の賞状を手にする野里実優さんと、金賞を受賞した生徒たち(左)=4日、崎枝中学校校長室。野里実優さんの受賞作品「地元」(右)

 第13回琉球新報学校新聞コンクール並びに第20回沖縄県中学校社会科新聞コンクール(主催・琉球新報社など)で、石垣市立崎枝中学校(今伊敏郎校長)から応募した生徒6人全員が入賞したことを受け、4日午後、同校校長室で報告会が行われた。
 3年・野里実優さん(15)の作品「地元」が沖縄賞に輝き、3年・富川裕二朗君、2年・國仲賢杜君、立津琉人君、野里愼君、1年・富川翔三郎君が金賞を受賞した。中学部の応募総数は4731点で、沖縄賞は沖縄に関する記事の中から1点だけ選ばれる。
 小学5年生の時に登野城から転校してきた野里さんは今回、自ら現地へ足を運び、地域住民に取材して、市内だけでなく自然豊かな崎枝でも、地域の関わりが希薄になっていることが問題だと気づく。地域の関係を深めたいという取材した人の気持ちを「つむぐ想い」としてつづり、地元・崎枝の生活や学校環境の変化をまとめながら、現代に生まれた有り難さを実感し、地域の人の想いを次につなげたいと考えるに至った。
 「まず自分から地域や人とのつながりを大切にしたい。高校生になっても、今回知ったことを機会があるごとに発信していきたい」と語った。
 野里さんの弟で金賞を受賞した愼君は「姉はすごい。追いつけない」と述べ、「人目を引くような工夫をしたが、こだわり過ぎて最後の方は時間が足りなかった」と悔しそうだった。
 同校では、関心のある記事を自分で見つけ記事の要約と感想を書き、月に1度、全校生徒の前で発表している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市美ら星ゲート(いしがき島星ノ海プラネタリウム)のオープニングセレモニーが18日午前、ユーグレ…
  2.  スポーツマネジメント会社BASE(東京、北川智哉社長)は18日、沖縄県庁で記者会見し、沖縄初のプロ…
  3.  17日の明け方、石垣島天文台で同天文台の堀内貴史特任研究員が部分月食を撮影した。  月食は地球の…

日付から記事を検索

2019年7月« 6月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る