住民投票条例、可決の公算か 金城代表ら市長に協力要請 陸自配備計画

中山市長の前で歌を披露し、住民投票への協力を求める「石垣市住民投票を求める会」のメンバー=6日午後、市役所

 石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備を問う住民投票条例の制定を目指す「石垣市住民投票を求める会」の金城龍太郎代表ら5人が6日、市役所に中山義隆市長を訪れ、住民投票の実施に協力を求めた。中山市長は意見交換後、報道陣の取材に対し「市議会の大勢としては(条例制定に)賛成する意見が多い気がする」と述べ、市議会に住民投票条例案が提案された場合、可決される可能性が高いとの見通しを示した。
 意見交換は中山市長の要請で実現した。金城代表は住民投票について「島内で(陸自配備を)考える大きなきっかけになればいい」と期待。「配備は国防が目的で、平得大俣に配備することは手段でしかない。手段にはたくさんアイデアがあってもいい」と述べ、平得大俣地区以外の選択肢も検討すべきとの考えを示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  米国とイランが一触即発だ。米国が紛争の当事者になれば、米軍基地を抱える沖縄も無関係ではいられない。…
  2.  那覇市の波上宮を中心に開催される「なんみん祭」のお神輿(みこし)行列が19日行われ、参加者が波上宮…
  3.  竹富公民館(内盛正聖館長)はこのほど、春季島勢調査を実施し、その結果を公表した。竹富島では毎年春と…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
ページ上部へ戻る