住民投票条例、可決の公算か 金城代表ら市長に協力要請 陸自配備計画

中山市長の前で歌を披露し、住民投票への協力を求める「石垣市住民投票を求める会」のメンバー=6日午後、市役所

 石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備を問う住民投票条例の制定を目指す「石垣市住民投票を求める会」の金城龍太郎代表ら5人が6日、市役所に中山義隆市長を訪れ、住民投票の実施に協力を求めた。中山市長は意見交換後、報道陣の取材に対し「市議会の大勢としては(条例制定に)賛成する意見が多い気がする」と述べ、市議会に住民投票条例案が提案された場合、可決される可能性が高いとの見通しを示した。
 意見交換は中山市長の要請で実現した。金城代表は住民投票について「島内で(陸自配備を)考える大きなきっかけになればいい」と期待。「配備は国防が目的で、平得大俣に配備することは手段でしかない。手段にはたくさんアイデアがあってもいい」と述べ、平得大俣地区以外の選択肢も検討すべきとの考えを示した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県離島振興市町村議会議長会(新田長男会長)は14日、那覇市の自治会館で第10回定期総会を開き、日本…
  2.  18日から開始される2018年分の所得税などの確定申告期に向けた電子申告(e―Tax)の利用拡大の…
  3.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う県民投票は、投票率がどこまで伸びるかが一つのポイ…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  ハワイ捕虜沖縄出身戦没者慰霊祭実行委員会(共同代表・渡口彦信さん、高山朝光さん)は21日、沖縄戦で…
ページ上部へ戻る