市議会委が投票予算案否決 うるま市

 うるま市議会企画総務常任委員会は7日、辺野古米軍基地建設のための埋め立てを問う来年2月の県民投票に関する補正予算案を賛成少数で否決した。
 市議会事務局によると、委員長が20日の本会議で報告し、異議があれば採決を行う見通し。
 県内の自治体の一部は投開票事務への協力を保留しており、全市町村で実施できるかどうかが課題となっている。
 県の池田竹州知事公室長は7日の県議会で改めて全市町村での投票実施を目指す考えを示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島にある県、市管理の5つのダムは、梅雨入り後もまとまった雨で越流(オーバーフロー)している。 …
  2.  県議会(新里米吉議長)は6月定例会初日の18日、浦添市の中学校テニスコートに米軍普天間飛行場(宜野…
  3.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣島への陸上自衛隊配備をめぐり、下地幹郎衆院議員(日本維新の会)はツイッターで、住民投票に反対す…
ページ上部へ戻る