南の島の星空に感動 迫力のプラネタリウム映像

連日、観光客や地元住民でにぎわいを見せている移動プラネタリウム=18日、石垣港離島ターミナル

 南の島の星まつり(主催・同実行委員会)の事業の一環として16日から19日まで、コニカミノルタプラネタリウム㈱と福岡市科学館の協力による、移動可能なプラネタリウムが離島ターミナルロビー中央に設置されており、連日、観光客や地元市民でにぎわいを見せている。
 同プラネタリウムの藤掛曜平さんによると、ドームは直径4㍍。プラネタリウムはプロジェクターの上に魚眼レンズを乗せ外部のコンピューターで制御。138億光年までの星空を1台で全天の映像を見ることができる。国内80、世界で140の施設に設置されている。

 機器は石垣の緯度、経度に設定されており、その日の夕方に浮かぶとされる石垣の星空が紹介される。福岡市科学館学芸員の丹野佳代子さんが解説した。参加者らは星空の美しさに息を飲んでいた。

▼過去記事の 全文は「新聞オンライン.com」で
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html

関連記事

ピックアップ記事

  1.  JAおきなわ(普天間朝重代表理事)が5月29日から実施しているJA石垣牛への支援を募る購買型のクラ…
  2.  玉城デニー知事は3日、県庁で記者会見し、県内の新型コロナウイルスの状況について「小康状態」とした上…
  3.  今年は中学校教科書採択の年となっており、八重山地区では石垣市と与那国町でつくる協議会と、竹富町単独…

日付から記事を検索

2020年6月« 5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  尖閣諸島問題を研究している元米国海兵隊太平洋基地政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏は28…
ページ上部へ戻る