地上5、地下1階で宜保に回帰 豊見城市新庁舎、お披露目

完成した庁舎=8日、豊見城市宜保

 豊見城市は8日、同市宜保一丁目に建設を進めていた新庁舎の落成式や見学会、祝賀会を開催した。式典前には、山川仁市長や関係者らが、市役所と市議会の名が刻まれた銘石の除幕とテープカットを実施。多くの市関係者に見守られ、式典がスタートした。
 あいさつで山川市長は、市民ニーズの高まりで、行政に求められる業務も多様化していると指摘。自然災害への迅速な対応も必要とし、新庁舎について「免震構造を採用し、非常用発電や非常用汚水槽を設けている」「防災拠点となる機能が完備されている」と強調した。
 新庁舎は地上5階、地下1階建て。「親しみのある庁舎」「市民にやさしい庁舎」「市民に開かれた庁舎」「防災の拠点としての庁舎」「シンプルで機能的な庁舎」の5項目を基本方針とし、4階に市長室や防災対策本部となる庁議室、5階に市議会関連施設がある。
 市制移行前には、同地付近に役場施設があり、戦後は通りの反対側に移転した。ただ、市制に移行すると庁舎は同市翁長に移転していた。
 来賓祝辞では、市の関係者を労う声が寄せられた。衆院議員の西銘垣三郎氏は「宜保晴毅氏が市長の時に、私は総務省の副大臣だった」と振り返り、庁舎建設には同氏の尽力があったと強調。「頑張りに心から敬意を表したい」と語った。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
  2.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
  3.  国民民主党の玉木雄一郎代表や大塚耕平代表代行ら同党関係者らは22日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、面…

日付から記事を検索

2019年1月« 12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  米軍普天間飛行場の辺野古移設を問う県民投票条例の制定を請求した「『辺野古』県民投票の会」の元山仁士…
ページ上部へ戻る