3作品の短編映画を発表 高校生らが制作したドキュメンタリー

石垣市公営塾ドキュメンタリー映像を制作した高校生の皆さん=5日午後、大濱信泉記念館多目的ホール

 石垣島の高校生が、過去・現在・未来の課題と向き合い解決策を提示していく、石垣市公営塾ドキュメンタリー映像試写会(主催・同塾)が5日、大濱信泉記念館多目的ホールで開かれた。約20人が3班に分かれ、制作した約10分間の短編ドキュメンタリー映画を上映した。3作品は各国の映画祭や、2019年12月にゆいロードシアターに出品が予定されている。
 A班は「島で生きていく」と題した離島と医療がテーマで、八重山の現在の医療問題に注目した内容。B班は「よそもの海人(よそもの漁師)」と題した移住者と海人(漁師)に焦点を当て、石垣島の活性化の鍵をにぎる移住者と、それを支える人たちに話を聞き、誰もが住みやすい島にするための方法を探していく内容。C班は「消えゆくスマムニ(消えゆくしま言葉)」。島言葉は何のために継承していかなければならないのか、島言葉の原点に迫り、継承していく方法を探していく内容。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  内閣府は19日、路線バスの乗務員を対象にした自動運転バスの体験会を豊見城市豊崎で開いた。次世代交通…
  2.  「辺野古米軍基地建設のための埋め立て」の賛否を問う24日の県民投票を前に、米軍普天間飛行場の辺野古…
  3.  八重山高校の池田遼月(りょうが)君(18)=新川=がこのほど、2018年度海上保安学校学生採用試験…

日付から記事を検索

2019年2月« 1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は10月31日、「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての是非を問う県民投票条例」を公布した。同条例…
ページ上部へ戻る