3作品の短編映画を発表 高校生らが制作したドキュメンタリー

石垣市公営塾ドキュメンタリー映像を制作した高校生の皆さん=5日午後、大濱信泉記念館多目的ホール

 石垣島の高校生が、過去・現在・未来の課題と向き合い解決策を提示していく、石垣市公営塾ドキュメンタリー映像試写会(主催・同塾)が5日、大濱信泉記念館多目的ホールで開かれた。約20人が3班に分かれ、制作した約10分間の短編ドキュメンタリー映画を上映した。3作品は各国の映画祭や、2019年12月にゆいロードシアターに出品が予定されている。
 A班は「島で生きていく」と題した離島と医療がテーマで、八重山の現在の医療問題に注目した内容。B班は「よそもの海人(よそもの漁師)」と題した移住者と海人(漁師)に焦点を当て、石垣島の活性化の鍵をにぎる移住者と、それを支える人たちに話を聞き、誰もが住みやすい島にするための方法を探していく内容。C班は「消えゆくスマムニ(消えゆくしま言葉)」。島言葉は何のために継承していかなければならないのか、島言葉の原点に迫り、継承していく方法を探していく内容。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  学習指導要領の改訂に伴い、中学校や高校でがん教育が推進されるのに合わせ、教職員らの理解を深める目的…
  2.  竹富町ホームステイ事業で米国シアトルに派遣されていた竹富町の中学生5人の帰国報告会(主催・竹富町教…
  3.  香港の民主化運動の一環であるデモが激化し、中国政府が国営メディアなどを通じ「暴徒」などと批判姿勢を…

日付から記事を検索

2019年8月« 7月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  JA石垣牛取り扱い認定店62店舗を紹介するガイドブック『JA石垣牛認定店GUIDEBOOK』の出版…
ページ上部へ戻る