3作品の短編映画を発表 高校生らが制作したドキュメンタリー

石垣市公営塾ドキュメンタリー映像を制作した高校生の皆さん=5日午後、大濱信泉記念館多目的ホール

 石垣島の高校生が、過去・現在・未来の課題と向き合い解決策を提示していく、石垣市公営塾ドキュメンタリー映像試写会(主催・同塾)が5日、大濱信泉記念館多目的ホールで開かれた。約20人が3班に分かれ、制作した約10分間の短編ドキュメンタリー映画を上映した。3作品は各国の映画祭や、2019年12月にゆいロードシアターに出品が予定されている。
 A班は「島で生きていく」と題した離島と医療がテーマで、八重山の現在の医療問題に注目した内容。B班は「よそもの海人(よそもの漁師)」と題した移住者と海人(漁師)に焦点を当て、石垣島の活性化の鍵をにぎる移住者と、それを支える人たちに話を聞き、誰もが住みやすい島にするための方法を探していく内容。C班は「消えゆくスマムニ(消えゆくしま言葉)」。島言葉は何のために継承していかなければならないのか、島言葉の原点に迫り、継承していく方法を探していく内容。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市の陸上自衛隊配備を巡る住民投票訴訟控訴審で、福岡高裁那覇支部は20日、判決を3月23日に言い…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  3.  大本小学校(金城一石校長)の全校児童8人は20日朝、「野鳥をひかないで」と書かれたメッセージボード…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2021年1月« 12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  経世論研究所の三橋貴明所長が6月30日、宜野湾マリン支援センターで講演した。「消費税は欠陥税制で、…
ページ上部へ戻る