「一番必要なのは平和」 鐘設置30周年で記念式典 各国大使ら打ち鳴らす 石垣市

記念撮影に臨む各国の大使ら=10日午前、市民会館大ホール

 石垣市新栄公園に「世界平和の鐘」が設置されて30周年となることを受け、世界各国から大使などを招いた平和発信イベント「ピースベルアイランド・イシガキ2018」(主催・同実行委員会)の記念式典が10日、同公園で開かれた。駐日サンマリノ共和国特命全権大使のマンリオ・カデロ氏は「世界が今、一番必要としているのは平和だ」と述べ、平和創造に向け尽力すると強調。中山義隆市長は「石垣島平和宣言」をした。
 記念式典の開催に当たり市は「石垣島から平和の潮流を起こしてほしい」という公明党の強い要請で世界各国の大使を招待した。しかし近隣諸国では、尖閣諸島問題で日本と対立する中国をはじめ、台湾、韓国が欠席し、アジアからの参加は香港のみにとどまった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  伊波洋一参院議員は25日午前、石垣市平得にある陸自駐屯地の建設予定地を視察した。石垣島に軍事基地を…
  2.  衆参同日選の可能性が取り沙汰される中、衆院沖縄4区の自民党現職、西銘恒三郎氏と、野党が4区に擁立を…
  3.  石垣市の行政区域である尖閣諸島周辺の接続水域で、中国公船の航行が25日、過去最長の44日連続となっ…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が、米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を訴えるため訪米している。12日(日本時間13日…
ページ上部へ戻る