米軍の銃弾と認める 名護の小屋損壊

 名護市の米軍キャンプ・シュワブ近くの農作業小屋で今年6月に見つかった流れ弾とみられる銃弾について、米軍は12日、県警に「米軍が発射した銃弾だった」と伝えた。県警が同日、明らかにした。
 県警などによると6月21日、名護市数久田にある農作業小屋の窓ガラス2枚が破損し、貫通したとみられる銃弾が発見された。銃弾は長さ約5センチ、直径約1・3センチ。
 現場はキャンプ・シュワブの実弾射撃訓練施設から射程圏内にあり、県警は流れ弾の可能性が高いとみて、米軍に照会していた。沖縄県議会は7月、原因の徹底究明を求める抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  24日は二十四節気の一つ霜降(そうこう)。秋が一段と深まり、朝霜が見られるころとされる。  南国…
  2.  2019年度国立天文台・石垣島天文台運営協議会(会長・常田佐久国立天文台長)がこのほど、同天文台で…
  3.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年10月« 9月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  宮腰光寛沖縄担当相は14日の記者会見で、沖縄都市モノレール株式会社が2022年度までにゆいレールの…
ページ上部へ戻る