那覇空港、国内線と国際線つながる 全面運用は来年3月から

 那覇空港の旅客ターミナルビルを運営する那覇空港ビルディング(兼島規社長)は12日、国内線ターミナルと国際線ターミナルをつなぐ「際内連結ターミナル」を2019年3月18日から、その一部の2階国内線搭乗待合室などは今月18日から先行して供用開始する。
 増加する旅客の受け入れ体制を整えるのを目的に、17年1月に工事を開始し、19年2月10日に完成する。1階は到着、2階は出発、3階はチェックインと階ごとの機能が統一される。
 完成後は国際線のチェックインカウンターが、現在の20ブースから60ブースへ増設される。同じく増設される国内線のチェックインカウンターには、現在暫定貨物LCCにあるピーチ・アビエーションとバニラ・エアが移転し、シャトルバス移動が不要になる。商業店舗も拡張され、物販店舗21店、飲食店舗14店などを新設予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山公共職業安定所が発表した2019年度上半期(4~9月)の有効求人倍率は1・65倍で、過去2番…
  2.  1989年に死去した国民的歌手、美空ひばりさんの「新曲」がNHK番組で披露された。AI(人工知能)…
  3.  自衛隊と在日米軍はこのほど、部隊を指揮する将校(幹部)を補佐し、現場隊員を統括する日米の上級下士官…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

日付から記事を検索

2019年11月« 10月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  石垣市平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(上…
ページ上部へ戻る