那覇空港、国内線と国際線つながる 全面運用は来年3月から

 那覇空港の旅客ターミナルビルを運営する那覇空港ビルディング(兼島規社長)は12日、国内線ターミナルと国際線ターミナルをつなぐ「際内連結ターミナル」を2019年3月18日から、その一部の2階国内線搭乗待合室などは今月18日から先行して供用開始する。
 増加する旅客の受け入れ体制を整えるのを目的に、17年1月に工事を開始し、19年2月10日に完成する。1階は到着、2階は出発、3階はチェックインと階ごとの機能が統一される。
 完成後は国際線のチェックインカウンターが、現在の20ブースから60ブースへ増設される。同じく増設される国内線のチェックインカウンターには、現在暫定貨物LCCにあるピーチ・アビエーションとバニラ・エアが移転し、シャトルバス移動が不要になる。商業店舗も拡張され、物販店舗21店、飲食店舗14店などを新設予定。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  千葉市に住む50代の日本人男性と約25年間同居している40代の台湾人男性に対する国外退去処分を法務…
ページ上部へ戻る