知事「絶対に諦めない」 辺野古を視察、決意表明

辺野古埋め立ての土砂投入に抗議する集会に参加した玉城デニー知事(中央)=15日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で政府が土砂投入を開始して一夜明けた15日午前、玉城デニー知事は移設先の米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れ、反対派の集会に参加した。座り込む約500人を前に知事は「対話の気持ちはこれからも継続していく。しかし対抗すべき時は対抗する。勝つことは難しいかもしれないが、絶対に諦めない」と激励した。土砂投入現場の周辺も視察し「県として取り得る対抗手段はしっかり講じていく」と記者団に語った。
 集会で玉城知事は、土砂投入の開始について「耐え難い日を迎えなくてはならなかった」と振り返った。「私たちは決してひるんだり、恐れたり、くじけたりしない。気持ちを一つにして頑張ろう」と呼び掛けた。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言を14日付で解除。21日から全ての業種で休業要請を解…
  2.  新型コロナウイルス感染拡大で石垣市の4月の事業所向けの営業用使用量が前年同月より40%近く減ったこ…
  3.  29日告示、6月7日投開票の県議選で、立候補を表明している無所属現職、次呂久成崇氏(46)=共産、…

日付から記事を検索

2020年5月« 4月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄平和市民連絡会の関係者らは19日、県庁を訪れ、米軍普天間飛行場の辺野古移設に必要な土砂が採掘さ…
ページ上部へ戻る