「志と夢を」 手倉森誠氏が講話

手倉森氏の講話が行われた=15日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室

 日本サッカー発展のために「~夢を持つことの重要性~」と題した講話が15日、石垣市健康福祉センターで行われた。講師としてリオデジャネイロ五輪でサッカー日本代表の指揮を執り、Ⅴ・ファーレン長崎の監督に就任が決定した手倉森誠氏が招かれ、自分自身が経験したことなどを話した。小中高生、指導者、保護者ら計135人が参加した。
 手倉森誠氏が体験してきたことを提供してもらい、八重山サッカーの発展へつなげることが目的。
 手倉森氏は「目標を達成するためには志・夢をもつことが大事。人と時がそろえば道は自然と開く」と強調。日本サッカーの発展にはJリーグを発展させる必要があるとし「そのために魅力あるクラブづくり、人材の育成、特に指導者を育てる必要がある」と指摘。「クラブには地域と関わりが持てる選手が必要、日本代表とクラブの連携を作っていくことが重要になる」と呼びかけた。また、子どもたちには「単純なプレーでもボールを蹴るときの音は違う。そこをこだわりながら練習して、勝つことを意識しながら試合を楽しんでほしい」と述べた。
 最後にロシアワールドカップ時の「出陣・突破」と題したモチベーションビデオを上映、参加者らはサッカーや日本代表選手らの関心を深め、自分でストーリーを持つことの重要性について学んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣島にある県、市管理の5つのダムは、梅雨入り後もまとまった雨で越流(オーバーフロー)している。 …
  2.  県議会(新里米吉議長)は6月定例会初日の18日、浦添市の中学校テニスコートに米軍普天間飛行場(宜野…
  3.  東海大の山田吉彦教授は17日、那覇市内のホテルで開かれた沖縄「正論」友の会で講演した。日中の公船が…

日付から記事を検索

2019年6月« 5月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県議会11月定例会の一般質問で6、7日、那覇港湾施設(那覇軍港)地区が1974年8月から現在に至る…
ページ上部へ戻る