「志と夢を」 手倉森誠氏が講話

手倉森氏の講話が行われた=15日午後、石垣市健康福祉センター視聴覚室

 日本サッカー発展のために「~夢を持つことの重要性~」と題した講話が15日、石垣市健康福祉センターで行われた。講師としてリオデジャネイロ五輪でサッカー日本代表の指揮を執り、Ⅴ・ファーレン長崎の監督に就任が決定した手倉森誠氏が招かれ、自分自身が経験したことなどを話した。小中高生、指導者、保護者ら計135人が参加した。
 手倉森誠氏が体験してきたことを提供してもらい、八重山サッカーの発展へつなげることが目的。
 手倉森氏は「目標を達成するためには志・夢をもつことが大事。人と時がそろえば道は自然と開く」と強調。日本サッカーの発展にはJリーグを発展させる必要があるとし「そのために魅力あるクラブづくり、人材の育成、特に指導者を育てる必要がある」と指摘。「クラブには地域と関わりが持てる選手が必要、日本代表とクラブの連携を作っていくことが重要になる」と呼びかけた。また、子どもたちには「単純なプレーでもボールを蹴るときの音は違う。そこをこだわりながら練習して、勝つことを意識しながら試合を楽しんでほしい」と述べた。
 最後にロシアワールドカップ時の「出陣・突破」と題したモチベーションビデオを上映、参加者らはサッカーや日本代表選手らの関心を深め、自分でストーリーを持つことの重要性について学んだ。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1. 「中国公船を挑発しないでください」―。海上保安庁の巡視船から、拡声器を持った海上保安官が必死に呼び…
ページ上部へ戻る