軍特委で抗議決議可決 米兵脱走事件で県議会

軍特委は午前から開会し、午後6時過ぎまで議論は続いた。説明員である県職員ら(右)に県議らから質問が相次いだ=17日、県議会

 県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は17日、6日に発生した嘉手納基地所属の空軍兵が拳銃と実弾を所持して脱走した事件について、抗議決議意見書を全会一致で可決した。20日に開かれる本会議でも可決される見通し。宛て先は国や米軍の関係当局。
 空軍兵は読谷村内で米軍当局に拘束されており、県警には逮捕前に情報提供があったものの、沖縄防衛局や自治体への周知は逮捕後だった。抗議文では、日米間の情報提供のあり方や米軍の武器管理のあり方などを疑問視。公務外の事件として、米軍は県警の捜査に協力すべきと指摘した。また、米軍人・軍属による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正と再発防止、関係者の教育の徹底を申し入れてきたが、今回の脱走事件が起きたとして、到底容認できないとした。
 米軍人・軍属等など➀銃器類の所持・管理の徹底と通報体制のあり方の見直し➁綱紀粛正と再発防止に向けた実行性のある措置➂日米地位協定の抜本的な見直し―も求めた。
 請願と陳情の案件については、県当局の関係者を呼び、説明を受けたが、全て継続審査になった。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  伊波洋一参院議員は25日午前、石垣市平得にある陸自駐屯地の建設予定地を視察した。石垣島に軍事基地を…
  2.  衆参同日選の可能性が取り沙汰される中、衆院沖縄4区の自民党現職、西銘恒三郎氏と、野党が4区に擁立を…
  3.  石垣市の行政区域である尖閣諸島周辺の接続水域で、中国公船の航行が25日、過去最長の44日連続となっ…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  第一マリンサービス(熊坂俊彦代表取締役)は13日、那覇市と北谷町、恩納村、本部町を結ぶ高速船の運航…
ページ上部へ戻る