波照間―石垣デモ飛行 20年夏、定期便計画も GOLD社

石垣―波照間線路のデモ飛行が行われた=17日、石垣空港

 来春から石垣―波照間島間で小型飛行機による不定期チャーター運行を計画している㈱GOLDentertainment1895(尹泳斗総責任者)が17日、竹富町の西大舛高旬町長らを招き、石垣空港でデモ飛行を行った。同社などによると事業は具体化していないが、2020年夏には定期便として運行する計画もあるという。
 モデル飛行で使われたのは小型航空機のKODIAK(コディアック)。6~8人乗りのタイプがある。波照間空港は滑走路が800㍍だが、離発着は可能という。波照間島まで約20分のフライト。
 西大舛町長は「どうしても波照間に行きたい時でもチャーターできる。なんとか週3回の不定期でも飛んでもらいたい。空路を開港したい」と期待した。
 総責任者の尹氏は「波照間―石垣間は、何年も問題を抱えてきた。解決しようと思い、デモフライト実施となった」と経緯を説明した。
 デモ飛行は18日にも行われる。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  社民党の照屋寛徳国対委員長(74)=衆院沖縄2区=が、高齢を理由に次期衆院選に立候補せず、今期限り…
  2.  米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、県の埋め立て承認撤回を取り消す裁決に国土交通…
  3.  石垣島製糖株式会社の松林豊社長は18日、市内ホテルで開かれた定時株主総会で、課題である新工場建設を…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  投票権は大切な権利だが、投票することがかえって沖縄の未来に影を落とす結果を招くかも知れない―。少な…
ページ上部へ戻る