「家庭に幸せを」 正月しめ縄づくりに挑戦

しめ縄づくりが平得公民館で開かれ市民にワラほぐしの指導を行う上地氏16日午後同所2階ホール

 市教育委員会いきいき学び課主催の2018年度市家庭教育支援総合推進事業「しめ縄づくり」が師走の半ばとなった16日午後、平得公民館2階ホールで開かれた。多くの市民らが参加して「宝舟」と呼ばれる正月の玄関用しめ縄づくりに挑戦した。
 市老人クラブ連合会登野城老人クラブ若返り会の上地和雄氏が講師を務めた。参加者は、上地氏の田んぼから刈り取った稲ワラの束を使ってしめ縄づくりをした。
 上地氏は「相撲の横綱が示すように人が身につけた綱は土俵を清め、家屋では家庭に幸せをもたらし、神社、境内では清らかな場とする結界に用いられる」と説明した。
 参加者はワラをほぐし、ワラ束を木槌でたたき柔らかくし、宝舟を編んだ。木炭を昆布で巻いた飾り、日の丸の旗、末広がりの扇を飾り付けて、しめ縄を完成させた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  陸自駐屯地配備に信念を持って反対する市民にとっても、先日の集会でのあの発言は内心、顰(しか)めっ面…
  2.  シルバーウイーク最終日の22日、観光を終え、新石垣空港から島を後にする観光客からは「安心して観光で…
  3.  石垣市が2019年度に障害者、障害児、難病患者を対象に実施したアンケートで、「今後、収入を得る仕事…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  石垣市議会6月定例会は一般質問最終日の28日、石垣亨、仲間均、宮良操の3氏が登壇した。石垣島への陸…
ページ上部へ戻る