辺野古停止求め玉城氏署名 ウェブ請願、米政府回答へ

 玉城デニー知事は19日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先・名護市辺野古沿岸部の埋め立て作業を来年2月の県民投票まで停止するようトランプ米大統領に求めるホワイトハウスのウェブサイト上の請願署名に、自身も加わったと明らかにした。署名は8日から始まり、10万を超える数が集まっている。
 玉城氏によると、署名したのは17日ごろ。「こういう手法があるんだ、とびっくりした。同時に、うれしいなと思った」と述べた。
 請願サイトは「ウィー・ザ・ピープル」。署名者への国籍規定はなく、13歳以上なら可能。署名数が開始から30日以内に10万を超えれば、米政府は何らかの回答をする規定になっている。ホワイトハウスは、10万突破から60日以内をめどに、対応を回答する見通し。
 日本政府は14日、辺野古沿岸部で土砂投入を始め、埋め立てを本格化。9月の県知事選で辺野古移設阻止を公約に掲げて初当選した玉城氏は、対抗策を模索している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
  2.  今年のゴールデンウィークは27日から5月6日まで、異例の10連休となる。新天皇即位、改元というビッ…
  3.  八重山地区水難事故防止運動の開始式が25日、八重山警察署で開かれた。ゴールデンウィークを皮切りとす…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  県は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票を、来年2月24日に実施する方向で最終…
ページ上部へ戻る