辺野古停止求め玉城氏署名 ウェブ請願、米政府回答へ

 玉城デニー知事は19日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先・名護市辺野古沿岸部の埋め立て作業を来年2月の県民投票まで停止するようトランプ米大統領に求めるホワイトハウスのウェブサイト上の請願署名に、自身も加わったと明らかにした。署名は8日から始まり、10万を超える数が集まっている。
 玉城氏によると、署名したのは17日ごろ。「こういう手法があるんだ、とびっくりした。同時に、うれしいなと思った」と述べた。
 請願サイトは「ウィー・ザ・ピープル」。署名者への国籍規定はなく、13歳以上なら可能。署名数が開始から30日以内に10万を超えれば、米政府は何らかの回答をする規定になっている。ホワイトハウスは、10万突破から60日以内をめどに、対応を回答する見通し。
 日本政府は14日、辺野古沿岸部で土砂投入を始め、埋め立てを本格化。9月の県知事選で辺野古移設阻止を公約に掲げて初当選した玉城氏は、対抗策を模索している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  世界平和デーの21日、石垣小学校の少年野球とサッカーチームの児童らが、第二次大戦中に島の住民たちが…
  2.  敬老の日の21日、100歳を迎えた石垣市新川の山城カマドさん宅に川満誠一副市長が訪ね、長寿を祝った…
  3.  シルバーウイーク3日目の21日、竹富町の各島にも多くの観光客が訪れた。新型コロナウイルス感染症で地…

日付から記事を検索

2020年9月« 8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

assembled by まめわざ









話題をチェック!

  1.  八重山を訪れた観光客にスムーズな移動手段を提供しようと、石垣市、竹富町など官民7者が11月から20…
ページ上部へ戻る