「県民、自衛隊の役割認知」 玉城知事、上ノ谷空将に

上ノ谷司令(左)の表敬訪問を受け、話を聞く玉城知事(右)=21日、県庁

 玉城デニー知事は21日、航空自衛隊南西航空方面隊司令官の上ノ谷寛空将の表敬訪問を受けた。玉城氏は自衛隊について「県民は自衛隊に領土や領空、領海を守ってもらうことを認知している」と話した。
 上ノ谷司令は空自が実施する対領空侵犯措置「スクランブル」について2004年から右肩上がりに増加していると説明。近年は全国で年間に1千回を超えるスクランブルがあり、8割、9割が那覇基地からの出動で、対中国が多くを占めるという。「向こうも質が上がっている。スクランブルだけで(相手の)体制を把握するのは難しい。24時間の監視体制を取っている」と説明した。 

関連記事

ピックアップ記事

  1.  さまざまな社会問題に対し、勇気をもって行動を起こしている女性リーダーたちに贈られる第3回チャンピオ…
  2.  石垣市役所第2駐車場交差点前の花壇で11日夕、クリスマスイルミネーションが点灯した。石垣市が毎年実…
  3.  八重山特別支援学校(古我知博樹校長)の2019年度・講師招へい公開研修が10日午後、同校で開かれ、…

日付から記事を検索

2019年12月« 11月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  10月に予定される消費税率引き上げに伴う消費喚起を目的とした「プレミアム付商品券」を広くPRしよう…
ページ上部へ戻る