沖縄への思い「格別」 天皇誕生日で所氏が講演

講演する所氏。会場には現職の国会議員や首長経験者ら多くの人が集まり、耳を傾けた=23日、県青年会館

 平成最後の天皇誕生日となった23日、県内でも天長節の慶事をお迎えする行事が行われた。一般社団法人皇室崇敬会は県青年会館で「天皇誕生日を祝う県民の集い」を開き、京都産業大学の所功名誉教授が講演した。
 今年の誕生日に当たり、天皇陛下が沖縄に言及されたことについて「格別なことだ。他の都道府県に言及はない」と指摘。県民が経験した沖縄戦や、対馬丸で両陛下と同世代の人が多く亡くなったことを挙げ、両陛下が沖縄に特別な思いを持たれていると指摘した。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。
ログイン

会員登録は無料です。
会員登録

関連記事

ピックアップ記事

  1.  伊波洋一参院議員は25日午前、石垣市平得にある陸自駐屯地の建設予定地を視察した。石垣島に軍事基地を…
  2.  衆参同日選の可能性が取り沙汰される中、衆院沖縄4区の自民党現職、西銘恒三郎氏と、野党が4区に擁立を…
  3.  石垣市の行政区域である尖閣諸島周辺の接続水域で、中国公船の航行が25日、過去最長の44日連続となっ…

日付から記事を検索

2019年5月« 4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  玉城デニー知事が昨年9月の知事選で掲げた公約ではあるが、払拭できない幾つかの疑問点がある。有識者ら…
ページ上部へ戻る