自民、島尻元沖北相擁立へ 来春の衆院沖縄3区補選

 知事に転出した玉城デニー氏の衆院議員失職に伴う来年4月21日の衆院沖縄3区補欠選挙を巡り、自民党の自治体議員や経済界などでつくる選考委員会は24日、島尻安伊子元沖縄北方担当相(53)を擁立する方針を決めた。島尻氏も立候補の意向を示しており、自民党県連は近く党本部に公認申請する。
 同補選は、夏の参院選の前哨戦としても位置付けられる。沖縄3区は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古を抱えているため、辺野古移設の是非が争点となるのは確実だ。
 選考委は、島尻氏の官邸との太いパイプを評価したという。
 玉城氏が所属した自由党の県連も24日、選考会を開き、候補者を2人に絞った。年内をめどに決定する方針。9月の知事選に続き、安倍政権と玉城氏を支える勢力「オール沖縄」との全面対決となりそうだ。
 島尻氏は仙台市出身。那覇市議を経て2007年に参院補選で初当選、10年に再選したが、沖北相だった16年に落選した。同年から沖北相補佐官を務めている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る