長寿の秘密は〝模合〟? 鈴木氏「孤独でないこと大切」 沖縄復活㊤

沖縄の長寿研究の第一人者・鈴木信教授=沖縄長寿科学研究センター

 かつて男女ともに県別長寿ランキングトップを占めていた沖縄県。一時期の勢いには及ばないとはいえ、現在でも長寿県のイメージは健在だ。その魅力を紐解くにあたって〟模合(もあい)〟がいま世界中で注目を集めているという。沖縄の長寿研究の第一人者として知られる、琉球大学名誉教授で沖縄長寿科学研究センター所長の鈴木信さんに話を聞いた。
 「沖縄は、家族や地域との交流を重んじるいわば家族主義的な生活をしていることや現在でも長寿の女性が多いことから、世界中で最も健康で長生きの人々が数多く居住する特別な地域を指す〟ブルーゾーン〟としても認定されている。食生活や生活習慣以上に、沖縄の人々の歴史と文化に根ざした、人と人との結びつきのスピリットが大きいと思う。現代人の生活リズムと食生活だけで長寿を定義するのは難しいが、沖縄県民が過去から現在に至るまで人と人とのコミュニケーションを重んじていることは、長寿であるための重要な条件になり得ると思う。つまり、大切なことは孤独ではないということ」

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  貨物の集約や保管、梱包などをワンストップで実現し、県内最大級の物流センターである那覇港総合物流セン…
  2.  今年のゴールデンウィークは27日から5月6日まで、異例の10連休となる。新天皇即位、改元というビッ…
  3.  八重山地区水難事故防止運動の開始式が25日、八重山警察署で開かれた。ゴールデンウィークを皮切りとす…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  白保集落北側でリゾートホテルの建設が計画されていることに関連し、同計画に反対する白保住民7人は20…
ページ上部へ戻る