中国〝地元メディア〟が取材妨害 人権派弁護士公判、異常な光景

 中国で2015年7月に公安当局に拘束され、国家政権転覆罪に問われた人権派弁護士、王全璋(おう・ぜんしょう)氏の26日の初公判。地裁周辺では、民主主義国家では考えられない異常な光景が繰り広げられた。
 100人を超える公安当局者が配置された。海外メディアから多数の記者らが詰め掛けたが、地元メディアと称する集団が、海外メディアの記者らにカメラやマイクを向けて「中国は法治国家なのになぜ批判するのか」などと質問し、取材を妨害。
 米国、英国、ドイツ、スイスの外交官が「人権侵害を懸念している」と述べて傍聴を求めたが、地元当局者が「司法手続きに問題はない」と述べて拒否した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  夏の全国高等学校野球選手権沖縄大会に代わる独自の県大会公式戦「2020県高校野球夏季大会」(主催・…
  2.  本格的な夏を迎えて熱中症対策用品が石垣市のスーパーやホームセンターの売り場を賑わせている。空調服や…
  3.  政府と県の対立が膠(こう)着状態に陥っている米軍普天間飛行場の辺野古移設問題を打開するため、中谷元…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  インドネシア原産のコショウで、八重山で特に消費が盛んなピィパーズ(和名・ヒハツモドキ)の普及活動に…
ページ上部へ戻る