玉城知事の中立性疑問視 辺野古県民投票で

 辺野古米軍基地建設のための埋め立てを問う県民投票をめぐり、謝花喜一郎副知事は27日、反対する市長から、玉城デニー知事の中立性を疑問視する声が出ていることを明らかにした。
 宮古島市の下地敏彦市長、沖縄市の桑江朝千夫市長、宜野湾市の松川正則市長が異口同音に、玉城知事が県民投票条例の審議中、米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する団体を訪問したことを指摘。「公平性や中立性が保たれるのか」などと批判しているという。
 この点について玉城氏は同日の記者会見で「中立性を脅かすものではない」と主張した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューター両社の石垣空港所は7日、石垣市宮良のみやら保育園…
  2.  新型コロナウイルスの水際対策強化に向け、石垣市は、新石垣空港で発熱が判明した到着客全員を県立八重山…
  3.  空港で新型コロナウイルスの水際対策を強化する旅行者専用相談センター(TACO)について、県が今月中…

日付から記事を検索

2020年7月« 6月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政治経験のない元新聞記者が、知名度も実績も、はるかに上回るベテラン政治家を破り、初当選を果たす。他…
ページ上部へ戻る