ヨナグニサンふんが染料に 染め物体験に興奮 与那国島

完成した色とりどりのオリジナル手ぬぐい=23日、徳美工房(アヤミアビル館提供)

 「ヨナグニサン幼虫の糞絞り染め体験」(アヤミアビル館主催)が23日、与那国島の徳美工房で開かれ、約20人が参加して染め物作業を楽しんだ。同イベントは2009年以来9年ぶりの開催。
 染め物の原料はヨナグニサンの幼虫のふん。幼虫はアサの植物の種類によって、ふんの色が異なるため、染料として違う色が出る特徴がある。
 今回はフカノキを食べたふんと、キールンカンコとアカギを食べたふんの2種類を染料として選定。同体験は2回に分けて実施。地域の子どもや大人が参加してにぎわった。

記事の続きを見る場合にはログインが必要です。会員登録は無料です。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  政府の「領土・主権をめぐる内外発信に関する有識者懇談会」は7月29日、尖閣諸島、竹島、北方領土の領…
  2.  女性の人材育成や、活躍の機会創出支援を目的にした県事業「てぃるる塾」が12日、那覇市でスタートした…
  3.  株式会社ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)は、14日から2日間、石垣市総合体育館で開催される第8回…

日付から記事を検索

2019年9月« 8月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  沖縄防衛局(田中利則局長)は3日、普天間飛行場代替施設建設事業の環境監視等委員会を那覇市内のホテル…
ページ上部へ戻る