良い新年迎えよう 新川小で門松づくり

来年を良い年で迎えられるようにと門松づくりをする新川小学校の教諭ら=28日午後、同校正門

 官公庁の仕事納めとなる28日午後、市立新川小学校(佐事安弘校長)の正門で教諭らが門松づくりを行った。
 汗を流したのは、同小教諭の平地竜樹さん、外間陽平さん、洲鎌朝太郎さん、那良伊千幸さん、運道恵理子さんら。高さ約120㌢の竹に、紅白の梅や紅白飾り、職員の自宅庭から採取したリュウキュウマツで飾り、ゴザを巻き、縄で縛り完成させ、校門に設置した。
 洲鎌さんは「毎年恒例の門松づくり。『あらしょっ子』が良い年で新年が迎えられるよう、また地域の皆様への感謝の気持ちを込めて設置した」と語り、「来年の干支の亥年をイメージして観葉植物テランセラを使って赤、白、緑で花文字をつくった」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  石垣市議会の「平得大俣地域への陸上自衛隊駐屯地配備に関する特別委員会」(長山家康委員長、10人)が…
  2.  県は27日夜、危機管理体制本部会議(本部長・玉城デニー知事)で肺炎を引き起こす新型コロナウイルス感…
  3.  新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大に伴い、学校行事の規模縮小や時間短縮などを求めた25…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る