良い新年迎えよう 新川小で門松づくり

来年を良い年で迎えられるようにと門松づくりをする新川小学校の教諭ら=28日午後、同校正門

 官公庁の仕事納めとなる28日午後、市立新川小学校(佐事安弘校長)の正門で教諭らが門松づくりを行った。
 汗を流したのは、同小教諭の平地竜樹さん、外間陽平さん、洲鎌朝太郎さん、那良伊千幸さん、運道恵理子さんら。高さ約120㌢の竹に、紅白の梅や紅白飾り、職員の自宅庭から採取したリュウキュウマツで飾り、ゴザを巻き、縄で縛り完成させ、校門に設置した。
 洲鎌さんは「毎年恒例の門松づくり。『あらしょっ子』が良い年で新年が迎えられるよう、また地域の皆様への感謝の気持ちを込めて設置した」と語り、「来年の干支の亥年をイメージして観葉植物テランセラを使って赤、白、緑で花文字をつくった」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県は5月5日から始まる児童福祉週間を前に22日午前、県庁正面玄関前でこいのぼり掲揚式を開き、与儀こ…
  2.  一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム(屋冨祖幸子理事長)の発足に伴う記者発表が23日午後…
  3.  衆院沖縄3区補選で初当選したフリージャーナリストの屋良朝博氏は当選から一夜明けた22日、精力的に報…

日付から記事を検索

2019年4月« 3月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  政府、県、那覇市が主催した「北朝鮮による拉致問題を考える国民の集い」が24日、同市の沖縄青年会館で…
ページ上部へ戻る