郵便局職員が年賀状仕分け 引き受け総数31万通余

配達場所ごとにテキパキと仕分けをする八重山郵便局の職員ら=29日夜、八重山郵便局

 「平成」としての新年を寿(ことほ)ぐ最後の年賀状の仕分け作業が、大詰めを迎えている。石垣市内と竹富町、与那国町を管轄する八重山郵便局(西里博務局長)=石垣市大川=は29日夜、1通でも多く元日に届けようと、管轄地域郵便局から集められた年賀状を配達場所ごとに仕分けする作業に追われた。
 八重山郵便局によると、今年の年賀状の引き受け総数は約31万8000通(前年度約36万通)で、29日現在、約20万3000通の配達準備をしている。29日から31日までの3日間に作業のピークを迎える。
 同局内では職員らが手分けして、配達場所ごとに1通ずつ仕分けをしていた。
 日本郵便では年賀状を元日に届けるため12月25日までの差出しを呼び掛けているが、同局では日以降に出す人が少なくないという。西里局長は「25日以降に出された年賀状も、元日に届けられるよう努力しています」と話した。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  4月21日に投開票される衆議院沖縄3区補選まで1カ月を切った。玉城デニー知事が知事選立候補のため辞…
  2.  空港を生かした圏域の地域作りについて、空港でつながる地域同士の交流・協働・連携の拡大と推進を目指す…
  3.  一般社団法人・八重山ビジターズビューロー(YVB。会長・中山義隆石垣市長)は21日、全日本空輸㈱(…

日付から記事を検索

2019年3月« 2月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  17日に開かれた県議会米軍基地関係特別委員会で質問した山川典二氏(自民)は、普天間飛行場の移設工事…
ページ上部へ戻る