方言辞典 3月発刊へ 収録数、700~1000字弱 原稿最終精査が終了 与那国町教委

与那国方言辞典の原稿精査が終了した。レイアウトは現時点のサンプル

 【与那国】第27回与那国方言辞典編集委員会(米城恵委員長)が26日、同町の複合型公共施設で開かれ、原稿の最終精査が行われた。同町教育委員会によると、収録される言葉は700から最大で1000弱の見込み。単語の日本語訳だけでなく例文集も記載され、日常会話にも活用できることが特徴。来年3月の発刊を予定している。
 方言辞典編集は2013年度一括交付金事業、「与那国方言保存継承支援事業」の一環。編集委員会は4月にスタートし、会議は当初見込みを超え27回にのぼった。3年前から沖縄本島や石垣市の与那国町郷友会メンバーらを対象に、方言の聞き取り調査を実施。20人弱の方言を記録した。
 町教委はこれまでに「わらべうた工工四」「方言カルタ」など方言継承に向けた事業を展開、方言辞典が同事業の集大成との位置付けになる。同辞典の名称は「どぅなんむぬい辞典(与那国の言葉辞典)」。ページ数はレイアウトの関係もあり、現時点で未定。
 辞典の内容は▽与那国方言に対する日本語訳▽品詞別紹介▽例文―などに分かれる。例文のうち、「見事だ」と訳される「きびさ」は「どぅい はなが きびさ」と記され、「百合の花が見事だよ」と紹介されている。
 米城委員長は「これまでの辞典は語彙(ごい)集。今回は例文もある」と特徴を説明。「与那国方言を学ぶ上で通過点となる辞典になるだろう」と胸を張った。町教委文化振興班の村松稔主任主査は、「若い世代が方言を使わないと後世に受け継がれない。そのきっかけになる辞典になれば」と活用に期待。与那国方言辞典編纂室の上地艶子さんは、「次世代につなぐ活動に使ってほしい。親世代の意識を高められたら」と話した。
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)は2009年、消滅の危機にある言語を発表。国内では8言語が該当し、「与那国語」は「八重山語」と並んで上位2番目の「重大な危機」としてリストアップされている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  県と糸満市、トルコ視覚障がい者スポーツ協会は22日、県庁で2020年開催の東京オリンピック・パラリ…
  2.  長崎純心大学准教授、石井望氏(漢文学・尖閣史)は22日、東京都内で講演し、16世紀末、日本の朱印船…
  3.  国民民主党の玉木雄一郎代表や大塚耕平代表代行ら同党関係者らは22日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、面…

日付から記事を検索

2019年1月« 12月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  竹富町教育委員会(仲田森和教育長)と㈱タカラトミー社は16日午後、竹富町制70周年記念事業と同社の…
ページ上部へ戻る