【視点】沖縄、波乱含みの1年か

 4月21日には衆院沖縄3区補選が投開票される。自民党は元沖縄担当相の島尻安伊子氏(53)、玉城知事を支持する県政与党はフリージャーナリストの屋良朝博氏(56)を擁立する方針を決めた。7月には4日公示、21日投開票が有力視される参院選が控える。知事選に続き、基地問題や県民生活の向上などが争点になりそうだ。
 沖縄の政局は、天王山だった昨年の知事選を制した県政与党の革新リラベル勢力が勢いづいている。だが辺野古移設工事が進み、県民投票をめぐって玉城県政が揺らぐ中、保守中道勢力がどこまで復活の足がかりをつかめるか関心を集めそうだ。
 安倍政権の悲願である改憲をめぐっては、自民党は9条への自衛隊明記など改憲案4項目をまとめている。1月召集の通常国会で憲法審査会に示して議論を始め、早ければ秋の臨時国会で発議にこぎ着けるシナリオを描く。沖縄ならではの視点に立った改憲論議を活発化させたい。
 10月には消費税が10%に増税される。沖縄経済は観光を中心に好調な伸びを見せているが、個人消費が冷や水を浴びるような状況になれば、先行きは楽観視できない。

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1.  肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染者が県内で初確認された。沖縄で今後、感染が拡大する可能性は…
  2.  石垣市自殺対策計画推進委員会(津嘉山航委員長)の初会合が17日、結い心センターで開かれ、事務局の市…
  3.  少年少女柔道教室「みんなでじゅうどう」(主催・県柔道連盟八重山支部、後援・全日本柔道連盟)が16日…

日付から記事を検索

2020年2月« 1月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

assembled by まめわざ










話題をチェック!

  1.  国は泡盛の海外輸出を促進させるため、沖縄県産の長粒種米を原料にして生産し、付加価値を付ける「泡盛テ…
ページ上部へ戻る